« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月26日 (月)

えんどう豆オフ会 ♪

5月25日・・ 日曜日。

天気予報は "晴れ" なのに、朝から曇っています・・。

雨だけにはならないことを祈って、えんどう豆オ

フ会 のスタート !!。

まずは、食事の準備から。

安全坊やさんと おおもりさんが、スペアリブの準備を

始めました。

041

043

 

愛ちゃんは私の妻と一緒に、おにぎりを・・

047

 

一段落したら、えんどう豆の収穫へ。

061

054

053

052

 

皆さんが筋取りをしているときに、私は採れたえんど

う豆を茹でるために、薪ストーブと羽釜でお湯を沸か

します。

065

063

 

お湯が沸騰したら、一気に茹で上げて完成。

070

 

先ほど仕込んで七輪にかけておいた、スペアリブも

出来上がったようですよ。

076

083

 

いっただきま~す。

089

097

098_2

091

 

時刻も 3時を過ぎてくると、あれだけ食べたのに小腹

が空いてきますね。 そろそろ私の出番ですよ。

099

 

普通のソース焼きそばですが、今までになくおいしく

できたようです。

103

 

たまには体を動かさないとね、tobi さんに さつま芋の

水やりをお願いしました。

105

 

夜になって、仕事だった sasatch も登場。

107

 

まずは 天光の湯 で汗を流して、宴会に突入・・

翌朝・・ おおもりさんは、休日。 撤収を手伝ってもら

って、sasatch は早朝に職場に向かいました。

     ・

     ・

参加していただいた皆さん、ありがとうございます。

次回は 芋掘りオフ会 でお待ちしておりま~す。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

「 懐石 釜めし コンロ付きセット 」

Amazon で この商品 を見つけたとき、本当に こ

れでご飯が炊けるのか、それも、30g の固形燃

料ひとつで・・ と思ったんです。

そう言えば焼肉屋さんに行ったとき、友だちがご飯を

注文したら、こんなのが出てきたことがあって、火が

えたら食べてください と言われたことが

ありました。 ・・ってことは、炊けるんですね。

1

3

 

5mm くらいはありそうなお釜です。 これだけの厚み

があったら、おいしく炊けそうですね。

2

 

米を砥いで、少し寝かせます。 米 1合に対して、水

200cc と説明書にはあります。

6

 

付属のコンロにセットして、点火・・

7

 

固形燃料って初めて使うんですが、けっこう火力があ

りますね。

・・なんて思いながら菜園で遊んでいるころ、妻は

々と農作業 をしています。

心なしか、視線が冷たいですね・・。

8

 

10分くらいで沸騰してきました。

9

10

 

火が消えたら、少々蒸らして出来上がりです。

11

 

さっそくふりかけをかけて、食べてみることに。

12

13

 ・

 ・

これ、使えますよ

炊け上がったご飯はかなりおいしいです。 焼杉のフ

タの移り香が、これがまたいいですね。

一番気に入ったのは、点火した固形燃料が

燃え尽きたときには、ご飯が炊けてい

・・ ということ。

電気炊飯器 もいいんですが、キャンプで使うと

なると、こちらのほうが楽しいかもしれませんね。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

菜園で遊ぶ。

菜園でくつろいでいると、何やら宅配便が。 伊藤

ハム・・ って、書いてありますよ。

085

 

奈良県に住む、キャンピングカー友だちの 和歌山金

時さんから、つま芋の苗 が送られてきました。

はさみのおまけつき で・・

毎年、ありがとうございます。

096  

092

 

そういえば、この ゴールデンウイーク中に、sasatch

夫婦が遊びにきますよ。

さっそく一緒に植え付けができますね。

おおもりさんからお借りしてきた羽釜で ご飯を炊いて

おかずは、たくあんやチーズ、帆立の燻製と、玉ねぎ

の丸ごとスープ。

食事を提供して、その見返りに・・

そんな作戦でいこうかと。

101

097

104

106

 

食事が終わったら、さっそく作業開始。

まずは耕作地の中心あたりに通路を作ってから・・

112

 

さつま芋を植えるための を立てていきます。

122

 

始めは、和歌山金時さんからいただいた苗を植える

二畝だけの予定でしたが、若いっていいですね。

疲れなんて まったく見せることもなく、六畝すべて完

成です。

127

 

私の妻から植え方を聞いて・・

131

 

苗を等間隔に配置してから、植え付け です。

132

134

139

 

でも、これで終わりじゃないんですよ。 最後に重要

水やり という作業があるんです。

やっと、私の出番ですね。 楽な作業だけや

ってる・・なんて、思っても言わないでくださいね。

140

 

休憩をしたあと、sasatch夫婦が何やら書いています。

149

 

以前もこのブログで紹介 しましたが、わが家

の菜園の一角を sasatch にお貸ししているんです。

1か月ほど前にじゃがいもを植えたらしく、そのプレー

トを作っているんだとか。

設置して、記念写真です。

151

153

     ・

     ・

畝立てから植え付けまで、私たちの手を借りることな

くやってくれた、sasatch夫婦。

和歌山金時さんが送ってくれた さつま芋には、特別

な感情が湧いているに違いありません。

秋の 芋掘りオフ会 が、今から楽しみですね。

お疲れさまでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »